人気ブログランキング | 話題のタグを見る


鎌倉・由比ヶ浜の『みんなの駄菓子屋』なみへい。


by taiyaki-namihei

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

祭りの後。

おはようございます!

鎌倉 一丁焼き たい焼き なみへい 濱田紳吾です。


本日は月曜・定休日でございます。


ちょうど一週間前は近くの内科にかかってました・・・。

39度の熱があったので、しばらく休まなくてはいけないかなぁ、

と憂鬱に思っていましたが、

無事に一週間終えられて、

また、健康を取り戻せて、ほっとしております。


心配してお声掛けいただいた皆様、ありがとうございます。


健康って、失って初めてその有難さがわかりますね・・・。


ありがとう、健康。

祭りの後。_a0145471_8513665.jpg



残暑厳しい9月。

なみへいの軒先には、レトロな氷のれんが登場しました。

玉のれん、ってやつで、大きく「氷」と。

見えますか?


僕はこれをたまたま発見して入手して、

そのレアでレトロな佇まいに興奮したものですが、

近所のおばちゃんから、

「あらぁ、久しぶりに見た!昔はどこの縁日の氷屋さんもこういうのだったワ!」

と言われました・・・。



なみへいの店内は、

そういう「昔あったよネ!」

系のエッセンスがたくさん散りばめてあるわけですが、

どうしてそういう大正・昭和を軽んじて、

無機質なインテリアになってしまったんでしょうね・・・。


この手回しかき氷機も、のれんも、

色や形も不ぞろいだったり、

気合が入りすぎてド派手だったり、

でも、そこに作り手が見える感じがカワイイですよね。








先週はなみへいも属する、長谷の町内のお祭りでした。


神社では、木曜・金曜と夜店が出て、盆踊りがあり、

土曜・日曜は町内を神輿が練り歩く。


準備・設営・交通整理・子供たちのお菓子の準備などなど

すべてを町内会の大人たちで運営するこのお祭り。


僕は日常業務に終われ、

縁日の出店の手伝いを、なみへいを少し早く切り上げて手伝うくらいで

そのほとんどに参加できず、申し訳ない気持ちですが、

微力ながら、子ども神輿を担いでくれた子どもたちに、

お疲れ様のたい焼きクーポンを配ることにしている。



祭りの後。_a0145471_913094.jpg




祭りの後。_a0145471_91177.jpg






なんの利害関係もなく、

純粋に、町と歴史と子どもたちのために汗だくになる

商店街の大人の皆様、本当に尊敬します。


みんな、この町で生まれ、子ども神輿を担ぎ、

大人になってそれを引率する側に回り・・・。



地方出身でありながら、

転勤族で、育った町も新興住宅街だった僕は、

この町の当たり前が、一つ一つ目新しい。




「鎌倉は、小さな村の集まりだから。」


不動産契約するときに、

そう言われたことを覚えている。


村の人々が力を合わせて、なにかに取り組む。

何百年も続けてきたことなんだ。



文化や伝統って、目に見えづらかったり、

形骸化されがちです。



鎌倉は世界遺産になろうとしているような

観光名所であり、ガイドブックもたくさんあるけれど、

その魅力は、住んで、生活して、

人と触れ合うことで、より深みをますのではないでしょうか。


子どもたちの思い出作りと、

この町の盛り上がりに少しでも力になれれば、

改めてそう思った中秋の夜でした。
# by taiyaki-namihei | 2011-09-12 09:25 | なみへいコラム | Comments(0)

たまには写真を

今日したこと。


うさぎのジュリアンの爪切り。

たまには写真を_a0145471_13512932.jpg



草食動物にとって、

このポーズは捕らわれのポーズ。


目を大きく見開いて、心臓が早いです。


伸びてしまった爪をお手入れして。


無事に小屋へ戻っていきました。

ご褒美のドライパイナップルをむしゃむしゃ食べています。


ぬいぐるみのような我が家のアイドルです。
# by taiyaki-namihei | 2011-08-30 13:54 | なみへいコラム | Comments(0)

8月最後の連休

おはようございます。


鎌倉 一丁焼き たい焼き なみへい 濱田紳吾です。


なみへいにとって、8月最後の連休をいただいております。

もうすぐ、9月。


なみへいのかき氷も一ヶ月を切るところとなりました。


(なみへいのかき氷は、例年、秋分の日までとしております。)


思い起こせば、今年のかき氷は

4月の横浜そごうでの催事で始まりました。


このお話をいただいたのが

昨年末で、最終的な詰めの内容は

2月中旬に決定したのでした。


まさか、3月の震災のようなことが想像できるはずもなく、

4月、催事を目の前に、僕たちは

「浮かれた感じのする企画に思われないだろうか・・・」

などと大変心配しましたが、

この催事のときに氷を召し上がってくださった方が、

夏、再び、来てくださったりして、

救われたような気がします。


そして、例年より、約一週間遅れではじめた

今年のかき氷・・・

震災を経た今年の流れ的に・・・


去年にもまして、もっと素朴で屋台的で

芸術的なそれとは対極の

ある種、とても敷居の低いかき氷をかきたくなりました。


いまだに、震災でこの真夏にお風呂もあまり

いただけない、僕たちと同じ日本人がたくさんいらっしゃるのです。

その地から離れていて、なにもできないかもしれないけど・・・


なんというか、

芸術とかこだわりというのは、

もっと別の局面で高め、エスカレートさせるべき

もののように感じ、

今は、もっと世間的に連帯感の波のような

感情が広がってほしいな、と思うから・・・


飾らず、素朴で、ほっとするようなかき氷で

なお、夏の記憶に残るような感じ・・・


ちょっと地味だったかもしれませんが、

なみへい2011年のかき氷は

もう、2度とないほど、終始、素朴に徹してきました。


あと一ヶ月・・・

さぁ、本格的にちょっと凝ったものを出そうかな、と

思った瞬間に、台風の接近情報・・・だったり。


しかし、まぁ、あと一ヶ月で終わってしまう氷なので、

9月はパフェ的なものを強化して出したいと思います。



地元との共生ということでいうと、

我が、鎌倉文学館は子供向けの展示になり、

連日、お母さんやおばあちゃんに連れられた子どもたちが

なみへいに遊びに来てくれます。



「ここだよ!ここ!かき氷屋さん!」


おばあちゃんの手を引っ張って、

うれしそうに氷を食べてくれた3年生の女の子。


「去年も、夏休みに文学館に来てね、

帰りにこちらでかき氷をいただいたのが忘れられない、

今日も絶対に行くって、ずーっと言ってたんです。」


と、おばあちゃん。


お二人は、文学館に行くときと、その帰り道と、

2度も氷を召し上がってくださった!



花火大会も縁日もなかった、鎌倉の子どもたちの、

そして、鎌倉を訪れる子どもたちの

夏の思い出になぁれ!


この夏のかき氷は、

よい意味で主体性のない、

ただ、人の想いにフォーカスし、

それを主役に仕立てたかき氷。


僕の故郷の白熊。


本場のそれより2段も3段も素朴だった。


オープン1年目だと「地味な氷、しょぼい氷」

といわれるのが怖くて、

できなかったと思うけど・・・。


ハレの日のレストランがあり、

ストリートフードのようなソウルフードを出す

なじみの駄菓子屋がある。


駄菓子屋の運営は、

実はとても繊細で、切なく、


でも、人の気持ちとシンクロしているから

楽しい。


今の時代に

駄菓子屋の親父をやっている僕は、

「もしかしたら、神様にだまされてやっているんじゃないか?」

そんな感覚にふっと陥る。


それが快感なのかなんなのか、

焼き台の熱さも手伝って、

よくわからなくなるけれど・・・

それが特に激しい手焼きたい焼き屋の

夏の酷暑は、もうそろそろ終わろうとしている。


秋の涼しい風が、

より一層涼しく感じられるのは、

たい焼き屋になったからだろうね。



それでは。
# by taiyaki-namihei | 2011-08-30 12:10 | なみへいコラム | Comments(0)

蓮と白い鳩。 六ヶ月。

こんばんは。

鎌倉 一丁焼き たい焼き なみへい 濱田紳吾です。


月曜・火曜と連休をいただきました。


涼しかったここ数日。

久々に鶴岡八幡宮を散歩しました。



蓮と白い鳩。 六ヶ月。_a0145471_23192253.jpg


蓮です。

見渡す限り。





蓮と白い鳩。 六ヶ月。_a0145471_2319531.jpg


携帯で撮ったのでちと遠いですが、

美しい桃色のつぼみが。


蓮と白い鳩。 六ヶ月。_a0145471_23184767.jpg


人間を少しも怖がらない鳩たち。


ぼんやり歩いていると、

本当に極楽へたどり着いてしまったんじゃないか?


そんな気がする空気が、

鎌倉にはあります。



鎌倉が好き、といいながら、

いざ住んでみると仕事に追われ、

寺巡りも、ちょっとしたお散歩もできない僕です。


しばし、頭をからっぽにしてたたずんでいました。











震災が起きて、もうすぐ六ヶ月。


目には見えないけれど、

確実になにかが変わってきているのだろう。



僕が注目している北海道の自然食品店、

まほろば。

全国の自然食品店ランキングの一位に選ばれる、

実際的で支持者の多いお店。


(僕はこちらで販売している
エリクサーという浄水器が欲しいんです。)



そちらのブログで気になった文章。

”福島の悲劇は、半年後から始まる”

http://www.mahoroba-jp.net/blog/2011/08/post_1171.html



こちらの文章の中で、

広島で被爆された医師、肥田舜太郎氏のメッセージが載っている。


唯一の核被爆国の日本。


その恐ろしさを生涯にわたって訴えてこられた氏にとって、

今回の原発の事故、その後の対応は

とても虚しいものだったと想像する。



「先生、私はいつまで生きられますか?」



そんな悲しい質問を、

福島の女の子がしたそうだ。



八幡さまの大銀杏が倒れ、

それでも再生したように、

混乱する日本の中で、

惑わされることなく、

しっかり歩んでいきたいと思う。
# by taiyaki-namihei | 2011-08-23 23:46 | なみへいコラム | Comments(0)

なみへいのお盆。

おはようございます!

鎌倉 一丁焼き たい焼き なみへい 濱田紳吾です。

おしらせ。

※8月の営業日・・・月・火曜日を定休日といたします。※

※求人も引き続き募集中です。

詳しくは こちらを。



今日・明日とお休みいただきます。


世間はお盆、ということで。

週末もおじいちゃん、おばぁちゃんから孫まで、

三世代でのご来店や、

久々に集う親戚のお集まりで

丸いちゃぶ台を一家が囲む・・・。


なみへいのちゃぶ台は、ほのぼのと賑わってました。

それだけで、改装した甲斐があったってものです!



印象的だったお客さまのお話。




生いちご氷を召し上がって。

「すごく懐かしい味で感動した!」とご婦人。


「さっき、お盆の迎え火を焚いたばかりなんだけどね。

私が小さい頃、母親が作ってくれた

いちごドリンクの味がぱーっと思い出されて・・・。

涙が出てきたわ・・・。」





この夏、

なみへいにもたくさんの子どもたちが

かき氷を食べに来てくれている。


「おじさん!やっと来れたよ!」

と、去年の氷を覚えてくれている小学生。



生まれて初めてかき氷を目にして、

おっかなびっくりの男の子。


よちよち歩きで、毎日のように食後のデザートとして

食べに来てくれる近所のKちゃん。1歳3ヶ月。


溶けて消えてしまう氷だけれど、

心に染み込んで、

それが一生の夏の思い出になるとしたら・・・。


その一杯、とっても大事ですね。


なみへいのBGM、最近はまた、坂本九さんを流してますが、

子どもたちが


”幸せなら手をたたこう”


にあわせながら、

氷を食べている姿は平和そのもの!




今日は終戦記念日。



波が平和に続きますように、

という屋号、

僕は本当に気に入っているんですよ。
# by taiyaki-namihei | 2011-08-15 11:06 | なみへいコラム | Comments(0)

カテゴリ

全体
なみへいについて
なみへいのたい焼きについて
なみへいコラム
パンの通販
問わず語りのたい焼きにいさん

以前の記事

2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

フォロー中のブログ

なみへい情報

公式サイトはこちら
http://www.taiyaki-namihei.com/

月曜定休(祝日は翌日振り替え)

営業時間10:00~18:00
(7月・8月は不定期)

〒248-0016
神奈川県鎌倉市長谷1-8-10
℡0467-24-7900

江ノ島電鉄
由比ヶ浜駅徒歩3分
長谷駅徒歩5分
JR鎌倉駅より徒歩15分
_a0145471_10233379.jpg

詳細地図はこちらから

最新のトラックバック

若き店主の心意気を (た..
from NO FOOD, NO LI..
エンて不思議 (いや円で..
from ビーズニュース(beadsn..
なみへい
from BeatStereo
はじめまして
from BeatStereo
たい焼き なみへい
from 今日のイチうま☆☆☆

ライフログ

検索

最新の記事

2022.10.06 無念・..
at 2022-10-06 08:13
2022.10.04 夕暮れ..
at 2022-10-04 07:57
2022.10.02
at 2022-10-02 05:31
2022.10.01 よろし..
at 2022-10-01 07:26
2022.09.30
at 2022-09-30 07:48

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧