あったかいたい焼きを あなたに。


by taiyaki-namihei

プロフィールを見る
画像一覧

明日、水曜日も荒天と機材メンテナンスのため休業です。 新・氷情報

おはようございます。


鎌倉 一丁焼き たい焼き なみへい 濱田紳吾です。


本日は振り替え休業をいただいております。


また、大変申し訳ございませんが、


明日の21日(水)も、臨時休業とさせていただきます。


理由は二点

①台風通過の予報で、開け放した構造の店に雨風が振り込んでしまう

②たい焼きの焼き台が若干不調のため、メンテナスの予定

です。


突然の休業、申し訳ございません。

木曜日より再開いたします。

よろしくお願いいたします。




さて。

なみへいかき氷のシーズンも、

残すところあと4日となってしまいました。


さよなら夏の日!


今年のかき氷は、

まるで”普通の氷”が合言葉のように、

比較的アグレッシブだった昨年に比べて、

ちょっと日常使い過ぎた、という反省が少々。


過剰に自粛してしまったかな、

と作り手の僕の中では少々寂しさが残るので。

最後に、マニアックな氷を

”なみへいの氷のファン”といってくださる方に

(具体的にはこのブログを見てくださって、
定期的に氷を召し上がってくださるあなたです!)

に、2011年・夏・シーズン終了限定レア氷を、

この4日、用意したいと思います。

その中から、今日は1つ、ご紹介を。



クラシックなインドネシアの氷。

エル・カチャン(Es kacang)の

実にクラシックなスタイルで。

Es kacangは、ジャワの人々が

ソウルフードとするかき氷です。


インドネシアにも、シロップ式の氷や、

バリ島などで多い

フルーツたっぷりのトロピカル氷などもあるのですが

僕がお勧めしたいのは

この、特徴あるチョコレート味の

エル・カチャン。


現地流に、小粒で歯ごたえのある

あっさり目の金時豆をシナモン・クローブ・黒糖・ココナッツシュガーで

パンチ力ある味に煮込み、スパイシーに仕上げました。


添えてある具は、シンプルにこれだけ。


ここがポイントなのです!


そして、シロップは、

内側にあっさりココナッツミルク、

そして・・・

上から思いっきりチョコレート練乳をかけて

いただきます!


スパイシーな豆とチョコレート練乳と

内からじわっとほのかなココナッツミルクと・・・


この三位一体が、まさにホーリー・トリニティ!


僕は、これをインドネシアの方から

直々に教わったのですが、

日本では、まだほとんど紹介されていなくて、

ぜひ、意外に人口の多い大国、インドネシアの

文化に触れていただければ、という思いで、

僕もアジアピープルの一員として、

紹介させていただきます。



インドネシアは、2億3千万人もの人が暮らす、

世界第4位の大国なのです。


なのに、

日本ではなかなか、その食文化に

触れる機会がありません。


そんな中で、

約3年前まで、インドネシアの味を紹介する

貴重なお店が新橋にあったのです。


インドネシア・ラヤ

2008年12月、50年の歴史に幕を降ろした名店です。

a0145471_9494637.jpg


東京にも、かに道楽のかにや、

食い倒れ人形に匹敵するようなインパクト大な

ランドマークが個性的な時代があったのです。


なみへいは、

古都鎌倉、という立地のため、

泣く泣く、こういう外装はあきらめましたが、

こういう町の象徴というか、

”遺産”というのは、

尊い!


僕もいつか、あのお面の店に行こう、

と思っていたが、

気がついたらもう閉店されてしまった後だった。


一度でいいから行っておけばよかったと思う。


グレイアヤム(グレイはココナッツミルクベースのカレー、アヤムは鶏の意 
         つまり、鶏のココナッツミルクカレー)

などはさりげなく名品と言われていた。



開店当時から値段を変えず、

50年間も営業され続けた、

東京エスニック史上に残るレストランだろう。


その功労は計り知れないものがある。

が、

インドネシアラヤが閉店してしまって以降

ほかのエスニック料理店に比べ、

インドネシア=バリ島くらいしか連想しない

日本で、インドネシア料理を紹介する難しさから

インドネシアの味はあまり知られていない。


しかし、

他のアジア人に比べ、ものすごくチョコ味が好きだったり、

ココナッツミルク味が好きだったり、

(たとえば、朝のトーストにインドネシア人はこのチョコ練乳ソースと
ココナッツミルクから作られた、カヤジャムをたっぷりと塗る)

お子様風味も大好きな僕など、

なぜかはまってしまう食文化なのだ。



こういった各国の食文化への興味は

この超円高時代、

きっと将来どこかで役に立つと思っているから

近所の子どもたちにも

オーソドックスな日本の氷を食べてもらいたいと思う一方で

ぜひ、試してほしい・・・


将来、国際人になるために

本当の海外のよさを、

食文化を通じて文化交流してほしいな、と

若きなみへいのおじさんである僕は

真剣に思っている。
[PR]
by taiyaki-namihei | 2011-09-20 10:09 | なみへいコラム | Comments(0)

カテゴリ

全体
なみへいについて
メニュー・素材について
なみへいのたい焼きについて
なみへいコラム
業務連絡・お休みのお知らせ
求人・横浜ポルタ・かもめ情報

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

フォロー中のブログ

なみへい情報

公式サイトはこちら
http://www.taiyaki-namihei.com/

月曜定休(祝日は翌日振り替え)

営業時間10:00~18:00
(7月・8月は不定期)

〒248-0016
神奈川県鎌倉市長谷1-8-10
℡0467-24-7900

江ノ島電鉄
由比ヶ浜駅徒歩3分
長谷駅徒歩5分
JR鎌倉駅より徒歩15分
a0145471_10233379.jpg

詳細地図はこちらから

最新のトラックバック

若き店主の心意気を (た..
from NO FOOD, NO LI..
エンて不思議 (いや円で..
from ビーズニュース(beadsn..
なみへい
from BeatStereo
はじめまして
from BeatStereo
たい焼き なみへい
from 今日のイチうま☆☆☆

ライフログ

検索

最新の記事

2018.09.20 オーデ..
at 2018-09-20 08:17
2018.09.18 本日、..
at 2018-09-17 07:40
2018.09.15
at 2018-09-15 07:20
2018.09.13 昼ちょ..
at 2018-09-13 08:17
2018.09.12 夏はい..
at 2018-09-12 08:20

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧