あったかいたい焼きを あなたに。


by taiyaki-namihei

プロフィールを見る
画像一覧

明日、営業します。 デリケートで大切なこと。

こんばんは。

本日は臨時休業となり、ご迷惑をお掛けしました。




16日(水)は、基本、営業します。

たい焼き、焼きます。


パンは節電に対応して生地の状態を見て考えます。

どちらにしても僕一人なので

そんなに数も多くないと思いますが。







しかしながら、

本日も原発について

非常に深刻な事態が相次いだため

臨時休業はお客様のことを考えると

やむを得ないと判断したわけです。


余震は減ったとはいえ、

まだ続いています。

そして、最初の激震からだんだん南下しているのです。


つい30分前も福島で震度3程度の余震があったそうです。

福島、東海村とそういったエリアに原発機が。


そして、たった今、千葉県でも余震。


地域の憩いの場を目指すなみへいとしては、

そういった時こそ、みんなが身を寄せ合って

話し合える集いの場として

店を開けたかったのだが・・・。


こういった有事のときに、

一人で留守番している人は

人と話すとガスが抜けたように

リラックスできるだろう。



僕も今日、朝一番で税務署に行ってきたが、

まったく知らない者同士でも

たまたま隣り合わせにいた人と、

言葉を交わすだけで、

緊張が和らいだのがわかった。



それにしても、こういった有事のときに

人の品格が表れるものだ。



某都知事も不適切発言を陳謝されたようだが、

それは被災者の方だけでなく、

僕たちにも大変傷を残す言葉だ。




この知事の発言だけではなく、

慎重でない言葉、

相手によって受け止め方が違うものだから、

今は、みんな励ましや優しい言葉しか

発言すべきではないのだと思う。


素朴な東北の町に住んでいた人々は

生まれも育ちもその町で

生まれ育った家が流され、

生まれ育った町が一瞬に飲み込まれ・・・

という方がほとんどだと思う。




都心部に住んでいる人との感覚とは

家や町に対する思いもまったく違うものだと思う。


だからこそ、

それを見守ったり、応援したり、

それを助けようとする立場の我々は

そこに細心の注意を払い、

応えることが出来なければ、

むやみやたらに発言したり、

ヘルプしようと思わないほうが

むしろよいと思う。




僕やパートナーは今、心配しているのは、

さぁ支援!

という段になって

被災者の方々が有事に慣れていない

一般の人との接触がどんどん増え

それによってどうか傷つくようなことが起こらないでくれ、

ということだ。



訓練されて、救助ということに徹底的に向き合っている

自衛隊の方と違い、有志のボランティアは

あくまで有志のボランティアで、

プロのカウンセラーやそういった

プロフェッショナルの救助になれている方以外は

おとなしくするか、プロの指示に徹底的に従って

行動してほしい、と強く願う。




というのは、

僕のパートナーの、実の妹さんは

彼女が4歳の頃からハンディキャッパーだったが

道行く人に


「あらぁ、大変ねぇ!」


などと声をかけられると

それがその人の口調で

少々軽率に人に声をかける癖のある人だな、

とわかっていても、

幼い妹の手を引いて

何度も道端で泣いたことがあるわよ・・・


そう話している。



そして、


成人して、パートナーは代替医療関係の仕事を

手がけていた関係で、ガン患者と

その家族のためのシンポジウムなどに

スタッフとして参加したこともあるが

そのとき、

ボランティアの口調になんとも言えない

傷つき方をした。



「大変ですよねぇ~」


もちろん、悪意のまったくないボランティアの言葉だが、

末期がんの患者さんの表情がみるみる暗くなった。





もう、仏のような心境のガン患者さんも参加していたかもしれないが

苦しみながらその場にいた患者さんもいたことだろう。



「あなたは自己満足のためにここに来たのですか?」


と言いそうになったパートナーだった・・・。





言葉は、天国も地獄もつくる。



そして、その言葉のあり方は

受けとる人によるものだから。



言葉は生涯、人の心に残るし、

糧になることもあるし、

傷を残すこともある。




パートナーは気を取り直して、

ガン患者の方に、

「今日は○○さんとご一緒できて本当によかったです。
ありがとうございました。」

と声をかけた。


別れ際に相手が微笑んでくれたことで

自分も癒された、と言っている。




助ける側も、助けられる側も、

人はいつも対等で

癒される側は即ち癒す側、

なのだと思う。



だから、一番意味のあることは

あなたがそこにいること。



一番大切なことは

人が人と会えることであり、

そこに特別な何かは要らないときもある。


なみへいの店内は飾り気はないが、

そういった空間を目指している。
[PR]
by taiyaki-namihei | 2011-03-15 20:44 | なみへいコラム | Comments(0)

カテゴリ

全体
なみへいについて
メニュー・素材について
なみへいのたい焼きについて
なみへいコラム
業務連絡・お休みのお知らせ
求人・横浜ポルタ・かもめ情報

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

フォロー中のブログ

なみへい情報

公式サイトはこちら
http://www.taiyaki-namihei.com/

月曜定休(祝日は翌日振り替え)

営業時間10:00~18:00
(7月・8月は不定期)

〒248-0016
神奈川県鎌倉市長谷1-8-10
℡0467-24-7900

江ノ島電鉄
由比ヶ浜駅徒歩3分
長谷駅徒歩5分
JR鎌倉駅より徒歩15分
a0145471_10233379.jpg

詳細地図はこちらから

最新のトラックバック

若き店主の心意気を (た..
from NO FOOD, NO LI..
エンて不思議 (いや円で..
from ビーズニュース(beadsn..
なみへい
from BeatStereo
はじめまして
from BeatStereo
たい焼き なみへい
from 今日のイチうま☆☆☆

ライフログ

検索

最新の記事

2018.06.20 雨のコ..
at 2018-06-20 08:07
2018.06.18 連休頂..
at 2018-06-17 19:59
2018.06.17
at 2018-06-17 07:08
2018.06.16 #こど..
at 2018-06-16 07:16
2018.06.15
at 2018-06-15 08:19

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧