あったかいたい焼きを あなたに。


by taiyaki-namihei

プロフィールを見る
画像一覧

<   2011年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

本日定休日・みなさんご来店&コメントありがとう!

おはようございます。

鎌倉 一丁焼き たい焼き なみへい 濱田紳吾です。



本日は振り替えでお休みをいただきます。

明日からも、停電の有無に関わらず、営業いたします。




今日もあと1時間で停電。

なので、取り急ぎのお知らせです。



また、

昨日の僕の気弱なブログに応えるように、

午後は雨の中ご来店いただき、

本当にうれしい限りです・・・。



正直、開業してから、

こんなに寂しい町を見たことがありません。

(売り上げ云々ではなくてね。)



外出を控える気持ちもお察しします。



そんな中で励ましていただいた皆様のお気持ち、

決して忘れません。


そして、あたたかなコメントをいただき、

ありがとうございます。


「今日は行けなかったけど、また必ず行くよ」


というお声も戴きました。


当たり前のように毎日開店できること、

それはとても有難いことであり、


また、それを維持するのも大変なこと・・・。



それを痛感した一週間でした。



昨日、静かな中しみじみ思いました。



”今日は静かな日だけど、みんなとつながっているから

きっと大丈夫。”


本当に有難いことです。


みなさんに戴いたこの力を

また明日から還元できるよう、

今日一日再び停電対策など考え、

休養したいと思います。


それでは。
[PR]
by taiyaki-namihei | 2011-03-22 08:54 | なみへいコラム | Comments(0)

3/18のメニュー 今日もパン焼きますよ。

こんばんは!


昨日もこのような非常事態の中、

二度の停電に耐えつつ

なみへいは終日営業できましたこと、

大変ありがたく

また、皆様にもずいぶん激励いただいたこと、

感謝しております。



まずは今日、18日金曜日のラインナップ。

停電が2度に渡って予定されてますが、

(6:20~9:00 13:50~17:00)

朝から可能な限り、パンを焼きます!




ラインナップは・・・


ローズマリーとゲラントの塩のプレーンフォカッチャ ¥180

お食事フォカッチャ ¥300

焼きピロシキ ¥210

豚のラグーとほうれん草のピザ トマトソース ¥380

じゃがいもとツナのグラタンピザ・有機スイートコーンとグリーンピース ¥380

りんごくるみパン ¥200

じゃがいもとキャラウェイのもちもちパン ¥120

ごまほうれん草パン ¥120

チョコレーズンパン ¥100




を予定しています。


たい焼きも、もちろん5種類。

つぶしあん¥150

黒ごまあん¥170

抹茶あん ¥200

焼き栗あん¥200 

さくらあん ¥200



停電時刻以外は

電話もつながるはずなので、

お気軽にお電話ください。











昨日の13時頃。

七里ガ浜からいらした、

IT関係のお仕事をされているお客様。


「地元の経済を励まそうと、朝からサイクリングしてるんです」


ご自分の仕事は、停電でままならないので、

そんな時は気分と発想を変えて、

こんなときでも店を開けている飲食店を利用して、

少しでも地元の経済を潤し、

その店の人たちを直に励ましたい・・・。


そういう想いで、ぐるりと湘南エリアを

回られたそうです。



人力車のお兄さんたちの活動といい、

その気になれば、健康な体と、

少しの行動力があれば、

誰にでもできるのです。



なみへいのような

吹けば飛ぶような零細たい焼き店にとって、

そのお心遣いがどれだけ嬉しかったかわかりません。

ありがとうございます。



この気持ちは、きっと循環して、

この町に還していこうと思います。


そして、そんな苦しいときに助けていただいた

その方のことは一生忘れないでしょう。



さて、昨日は9時半から停電だったこともあり、

早朝から一人でパンを焼きました。


「どこ行ってもパンがないのよ。」

というお客様が、

朝からお越しいただきました。


そんなこんな状態で、

オープンからしばらく僕一人で

バタバタしていたところに、

強力助っ人登場!


心強いなみへいのスーパー常連さん、

カジ姉さんがさりげなく手伝ってくれた。

結局、停電が終わるまで静かに見守ってくれた。


なみへいはファミリーのおかげで成り立ってます。

ありがとう、カジ姉。



今日もがんばります!



それでは!
[PR]
by taiyaki-namihei | 2011-03-18 00:13 | メニュー・素材について | Comments(0)

なみへい、ひさびさに開店!いい話がいっぱいあった

こんばんは。


今日は無事に一日、一人でたい焼きを焼き終えました。




どうなるものか、と恐る恐るはじめた朝10時。




普段の観光地・鎌倉とは程遠いゴーストタウン。

道行く人はもちろん、いつもは渋滞する車も

びっくりするほど少ない。


バスもほとんど人が乗っておりません。

江ノ電も走ってません。

まして、12時過ぎから16時まで

計画停電・・・。



それでも、足を運んでくださった皆様、

本当にありがとうございます。




「一緒にがんばろうね。」


と声をかけてくださった地元の自営業の方々。


そう、待っていても、停電を嘆いていても、

変わらないのです。



なみへいは運よく、

停電でもガスは供給されているので、

焼き通しました。



夏の暑い日にも思いましたが、

たい焼き屋にとって、たい焼きを焼き続けられるってことは、

とても幸せなことなのです。


それだけ、途切れずにお客様が来て下さった、

ということなのです。





僕が安否を心配していた消防士のSさん。

突然、元気に自転車で来店されました。


なんと、地震発生当日から昨日まで、

仙台で救助活動をされた、とのこと・・・。


多くは語らないSさんでしたが、

見てこられた光景、テレビでは伝わらない

現地の方の反応・・・。


仕事とはいえ、大変なご苦労だったと思います。


「一緒にがんばりましょう。」


そう、声をかけてくださいました。




書きたいことはいっぱいあるのですが・・・。



今日、とても感動したこと。


計画停電がはじまってすぐの12時すぎでした。




なみへいの店の前は

見通しの悪い交差点です。



路線バスも、救急車も、下校する子どもも、

そこを通るわけですが、

地震発生当日も、

信号が消えているため、何度も危険な場面がありました。





そこに今日は・・・



人力車のおにいさんたちが、

灯りの消えた信号機に代わり、

慣れない手つきで誘導をはじめたのです。



大きな声で、



「すんません、ちょっと待ってください」




「はい、おばあちゃん、気をつけて」




陽に焼けた車引きのお兄さんたち。


ボランティアなのか会社の方針なのか不明ですが


いやぁぁ、かっこよかった。




地震発生当日も、しっかりと町の安全のために

仲間で連携をとりながら誘導されたそうです。


行政の力、警察の力に頼らなくても、

できることはあるのだ。


その行動力と真心に、頭が下がります。




車を運転する人も、バイクの人も、

みんな笑顔で応えてました。



さらに・・・



そんなお兄さんたちの活動を見て、


「これで、お兄さんたちにたい焼き差し入れしといて」


と、僕に小銭を託して去っていくお客さまが

何組もいらしたのです・・・。




自分でズカズカと渡すわけでもなく、

僕に託して自分はさりげなく去っていく、

そんな常連さん方の心遣いに、

胸を突き動かされました。



鎌倉を愛する気持ちは、

人力車のお兄さんも、

近所の常連さんも一緒なのです。



人力車のお兄さん方には、

僕が町を代表して、

お茶とたい焼きをしっかり進呈しました。

みんな、すごく驚き、喜んでくれましたよ。





スタッフのアッコさんから、

「濱田さんは開店前は寝不足で元気なくても、

たい焼き焼いてるうちに

元気になってきますよねぇ・・・。」


と、見透かされました。

そうなんです。


そういうことです。



「なみへいさんが開いててよかった!」

「ずっと食べたかった!!」

「なんか、あったかいものって安心するよね!」


そういう言葉が、僕を元気にしてくれるのです。

今日は改めて、そう感じました。



まだ、開店して1年あまりですが、

”なみへい”という店が、しっかりとした人格をもって

みんなを元気付けたり、和ませたりしていることを

僕は誇りに思い、

また、

僕自身も”なみへい”に癒され、

励まされているのです。




なみへいは、

そこに商品があるから、

僕がいるから、

成り立つものでは決してなく、

そこに集う人と、あったかい心ありき、

なのだと痛感しました。



みんな、やさしさを持て余しているんじゃないか、

と僕は思うのです。


やさしさを発揮する場所がないから、

欲求不満になったり、ストレスが溜まったり。


なみへいという場所を通じて、

人々がやさしさを発揮できたり、

やさしさが不足している人がチャージできたら、

とても平和なんじゃないか、

と思いました。



人によって、元気をもらいました。


僕は明日もそれを循環してがんばります。

10時前から停電らしいですが、

可能な限り、

そして、節電を意識しつつ、

大切であったかいパンを焼くつもりです。



それでは。
[PR]
by taiyaki-namihei | 2011-03-16 22:44 | なみへいコラム | Comments(0)

3/16 営業します。

おはようございます!!


鎌倉 一丁焼き たい焼き なみへい 濱田紳吾です。

今日は、土曜日以来、3日ぶり。

たい焼き焼きますよ!!



おかげさまで材料もしばらくは確保できました。

横須賀線、江ノ電も若干本数は少なくとも、

運行しているようです。


12時から停電の予定ですが、

たい焼きはガスなので影響ないと思われます。


店内照明は、基本、灯さずに営業予定です。



ご予約いただけると幸いです。



正直、鎌倉の飲食店は大変です。

観光地に支えられていることもあるので、

売り上げも大きな打撃を受けています。




また、食品問屋なども

鎌倉は流通になにか支障がおきると

道が混雑するから、と、

敬遠されがちなので、材料調達も

なかなか大変です。




なみへいもそうですが、

開店後日の浅いお店にとっては

正直、苦痛な日々であります。



僕も、鎌倉の店の店主であり、

そして、

鎌倉の市民として、

できるだけそういった地元のお店を

サポートしなくては、と強く思っています。



本音を言うと、

鎌倉の皆様が、

まだひよっこのなみへいを支援していただければ、

大変心強いです。



さぁ、営業できることに感謝して058.gif


行ってきます!!
[PR]
by taiyaki-namihei | 2011-03-16 08:50 | メニュー・素材について | Comments(0)

明日、営業します。 デリケートで大切なこと。

こんばんは。

本日は臨時休業となり、ご迷惑をお掛けしました。




16日(水)は、基本、営業します。

たい焼き、焼きます。


パンは節電に対応して生地の状態を見て考えます。

どちらにしても僕一人なので

そんなに数も多くないと思いますが。







しかしながら、

本日も原発について

非常に深刻な事態が相次いだため

臨時休業はお客様のことを考えると

やむを得ないと判断したわけです。


余震は減ったとはいえ、

まだ続いています。

そして、最初の激震からだんだん南下しているのです。


つい30分前も福島で震度3程度の余震があったそうです。

福島、東海村とそういったエリアに原発機が。


そして、たった今、千葉県でも余震。


地域の憩いの場を目指すなみへいとしては、

そういった時こそ、みんなが身を寄せ合って

話し合える集いの場として

店を開けたかったのだが・・・。


こういった有事のときに、

一人で留守番している人は

人と話すとガスが抜けたように

リラックスできるだろう。



僕も今日、朝一番で税務署に行ってきたが、

まったく知らない者同士でも

たまたま隣り合わせにいた人と、

言葉を交わすだけで、

緊張が和らいだのがわかった。



それにしても、こういった有事のときに

人の品格が表れるものだ。



某都知事も不適切発言を陳謝されたようだが、

それは被災者の方だけでなく、

僕たちにも大変傷を残す言葉だ。




この知事の発言だけではなく、

慎重でない言葉、

相手によって受け止め方が違うものだから、

今は、みんな励ましや優しい言葉しか

発言すべきではないのだと思う。


素朴な東北の町に住んでいた人々は

生まれも育ちもその町で

生まれ育った家が流され、

生まれ育った町が一瞬に飲み込まれ・・・

という方がほとんどだと思う。




都心部に住んでいる人との感覚とは

家や町に対する思いもまったく違うものだと思う。


だからこそ、

それを見守ったり、応援したり、

それを助けようとする立場の我々は

そこに細心の注意を払い、

応えることが出来なければ、

むやみやたらに発言したり、

ヘルプしようと思わないほうが

むしろよいと思う。




僕やパートナーは今、心配しているのは、

さぁ支援!

という段になって

被災者の方々が有事に慣れていない

一般の人との接触がどんどん増え

それによってどうか傷つくようなことが起こらないでくれ、

ということだ。



訓練されて、救助ということに徹底的に向き合っている

自衛隊の方と違い、有志のボランティアは

あくまで有志のボランティアで、

プロのカウンセラーやそういった

プロフェッショナルの救助になれている方以外は

おとなしくするか、プロの指示に徹底的に従って

行動してほしい、と強く願う。




というのは、

僕のパートナーの、実の妹さんは

彼女が4歳の頃からハンディキャッパーだったが

道行く人に


「あらぁ、大変ねぇ!」


などと声をかけられると

それがその人の口調で

少々軽率に人に声をかける癖のある人だな、

とわかっていても、

幼い妹の手を引いて

何度も道端で泣いたことがあるわよ・・・


そう話している。



そして、


成人して、パートナーは代替医療関係の仕事を

手がけていた関係で、ガン患者と

その家族のためのシンポジウムなどに

スタッフとして参加したこともあるが

そのとき、

ボランティアの口調になんとも言えない

傷つき方をした。



「大変ですよねぇ~」


もちろん、悪意のまったくないボランティアの言葉だが、

末期がんの患者さんの表情がみるみる暗くなった。





もう、仏のような心境のガン患者さんも参加していたかもしれないが

苦しみながらその場にいた患者さんもいたことだろう。



「あなたは自己満足のためにここに来たのですか?」


と言いそうになったパートナーだった・・・。





言葉は、天国も地獄もつくる。



そして、その言葉のあり方は

受けとる人によるものだから。



言葉は生涯、人の心に残るし、

糧になることもあるし、

傷を残すこともある。




パートナーは気を取り直して、

ガン患者の方に、

「今日は○○さんとご一緒できて本当によかったです。
ありがとうございました。」

と声をかけた。


別れ際に相手が微笑んでくれたことで

自分も癒された、と言っている。




助ける側も、助けられる側も、

人はいつも対等で

癒される側は即ち癒す側、

なのだと思う。



だから、一番意味のあることは

あなたがそこにいること。



一番大切なことは

人が人と会えることであり、

そこに特別な何かは要らないときもある。


なみへいの店内は飾り気はないが、

そういった空間を目指している。
[PR]
by taiyaki-namihei | 2011-03-15 20:44 | なみへいコラム | Comments(0)

本日・臨時休業させていただきます。

こんにちは。

鎌倉 たい焼き なみへい 濱田紳吾です。


本日、非常に深刻な報道を受けて

皆様の安全のために、

たい焼き なみへいは

臨時休業したほうがよいと

判断いたしました。




まだまだ深刻な報道が

予想されますが、

避難指示の30km圏内と言わず、

万が一に備えてください。



皆様のご無事を

お祈りしております。
[PR]
by taiyaki-namihei | 2011-03-15 11:47 | なみへいについて | Comments(0)

節電の呼びかけ。

こんばんは。



本日、日曜日は臨時休業いただきました。

明日は月曜・定休日でございます。

緊急連絡は090-4350-1418までお願いします。




地震発生から2日経ちました。



報道を見ていると

自然災害の恐ろしさと

人間の無力さを感じます。


鎌倉は発生直後は大きく揺れ、

停電も夜まで続きましたが、

その後は穏やかに過ごすことが

幸い出来ております。


津波に注意するよう自治体のアナウンスが

何度も流れ、高台の神社に

避難して様子を見ながら過ごした発生当日でした。



翌土曜日は、不安な夜を東京で過ごし、

やっと帰ってこられた地元の方々が多く訪れました。


通常通りの営業が出来たなみへいでしたが・・・。




原発の報道を見て、

今、私たちがやらなくてはいけないことは、



消費する電気を最小限に絞ること、です。



被災地を救うために、

電気は必要です。


その理由で、

残念ながら、こんな危機的状況の中でも・・・

余震で被災の恐れがある地区で

原子力発電所は稼動しています。


http://www.gengikyo.jp/status/status1.html



産業用に比べれば、

家庭用なんて微量じゃないか??

という方、この被災時においては、

ぜひ、その考えをただして欲しい。




個人の意識を正さなければ、

復旧は絶対にありえないからだ。



環境学専門の知人と話し合ったばかりだ。



今こそ、個々人の常識・意識の底上げが

絶対に必要なのだ。



あの人は環境に関心が深いから・・・

あの人は自然思考だから・・・


などと他人事のように言わないで、

実践する側に回って欲しい。




被災地の映像などをみると、

本当に考えられない惨状だ。




被災した方々が、

赤々と灯りをともす僕たちを見て、

どう思うだろう?


知人、友人レベルから、

節電を呼びかけて欲しい。



僕は今、たったひとつの灯りの元で暮らしている。

生ごみ処理機も電源を抜いた。


職場の管理者の方、

小さなことから実践して欲しい。



今は、火曜日以降、

どうやって節電しながら運営していくか

真剣に考えている。
[PR]
by taiyaki-namihei | 2011-03-13 19:13 | なみへいコラム | Comments(0)

なみへいは無事です!

こんばんは!

みなさん、地震は大丈夫でしたでしょうか?


なみへい、人員も店舗も自宅も、

みな無事です!



鎌倉も10分前まで停電でした。

海岸沿いなので津波の心配で、

みな避難しているようです。



今のところ、明日は通常営業の予定。



遠くから来てくれるスタッフがお休みだったり、

イレギュラーなこともありますが、

元気にがんばります。


被災された方、そのご家族の皆様、

心よりお見舞い申し上げます。



どうかみなさん、お大事に!お気をつけて。


僕の携帯はドコモですが、

メールも通話も今のところ出来ません。

僕は元気です。


それでは!
[PR]
by taiyaki-namihei | 2011-03-11 20:34 | なみへいについて | Comments(0)

ちょっと(かなり?)社会派な、なみへい食コラム。

おはようございます!

鎌倉 一丁焼き たい焼き なみへい 濱田紳吾です。


本日は月曜・定休日でした。






昨晩、日曜日の夜は、

僕が唯一夜更かしできる夜。

久々に新聞の整理をしていた。


社会面は、相変わらず暗い話題が多い。

そして、経済面でどうしても僕の目に留まってしまうのが


”穀類など食品の一斉値上げ”


の記事だ。



実際、なみへいのコーヒーの仕入れ値も2割ほど値上げされた。


しかし、これはうちが取引しているコーヒー会社の社長さんの

うちがまだ駆け出しだからという情状酌量の値上げ幅であって、

一般的な値上げ幅はこれよりさらに5%上だ。


なにせ家畜のえさになる穀類は世界的にすべてあがっている。


とうもろこしがその最たるもので

小麦もふすまががその餌となるので

ガンガンあがっている。


中国の経済成長イコール、

食品全般の値上がりと言っても過言ではない。


自給率の低い日本は

もちろんモロ影響を受ける。




どんな??



まともな食品は

値上がりを。



そして、



安い工業製品の食品は

質の低下を。



アジアの成長が喜ばしい半面で

日本が戦後のアップダウンの教訓を

食というフィールドを通じて、

示せなかったのは非常に残念である。



食肉1キロを作るために、

8キロの穀物が必要だ。



ご馳走イコールお肉をメインとしたメニュー、

そのすりこみが絶対人口の多いアジアで

その比率に単純に需要が拡大すると

それは爆風のような食料難に直結してしまう。



加えて、温暖化による地球全体の天候不順で

穀類全体が危ういのだ。


既に真綿を首で絞められるような

貧困農業国の苦しさは深刻になっていて、

特に子どもと女性の非力層が味わう辛酸は

命・・・生が続く限り、彼らとともにあるのかと思うと

日本と距離があるところで起こっているとはいえ

とめどもない悲しみが僕を襲う。



1/30の朝日新聞に

2冊の本が紹介されていた。


ハーフ・ザ・スカイ

告発・現代の人身売買 奴隷にされる女性と子ども



紹介文によると、

インド・パキスタンなどを中心に

口減らしと一時の金銭獲得のために

少女たちが売られたりするケースが急増しており

また、生活に苦悩した母親たちが

身売りしか生活を支える方法がなく、

現代の奴隷として苦しんでいる。

その数、3000万人以上・・・



こういった女性の悲劇の話に、

僕は本当に心を痛めている。



しかし、この傾向は

日本の中でも密かに、そして確実に

広がっていること。


具体的に、そして単刀直入にいうと、

この成熟しきった、

そして、

経済の低調が長期化していく日本において、

母子家庭で子どもを育てている女性たち。



豊かな(表面的にも、実質的にも)

この国・日本で

何ともいえない

取り残された孤独感と戦いながら

耐え忍んでいる。





「新卒ですら就職難なのに、

離婚・子持ちの

女を雇ってくれるような

余裕と慈悲のある会社なんてないわよ!

実際なかったわよ!!」


と、自身の体験から、

一緒になみへいを運営している

我がパートナーは振り返った。




「私には娘と

わずかな貯金と鍋一個と包丁一本と・・・

そして、

数少ないある程度の友人しか残っていない・・・」




離婚直後の彼女はよくそう言って泣いていた。



「これじゃあパンやお菓子のお店は絶対無理。

鍋があるから、天然酵母のドーナツ屋なら

かろうじて開けるかも・・・」



実際、泣きながら

時間を切り売りして

朝も昼もなく、働いていた時期があった。


その時期は、

一流私立大学卒業後、

金融機関を経て、商社勤め・・・

そして、自ら経営者の経験もあり、

という世間から見ると華やかな職歴も

ほとんど役に立たなかった。



まだお留守番できないえれなを

職場の近くで何時間も待たせたりして


(と言うか、えれながどうしてもお母さんに会いたくなって

何時間もかけて彼女の職場を探し当てた挙句、

その近くでお母さんがでてくるのをひたすら待っていた。)


こらえきれなくなって

ただただ娘の手を握って、

就業後、あてもなく散歩したことも

あったりした。



「このままじゃワーキング・プアーが加速しちゃう!

これから先、もっと歳をとっていくのに・・・

今何とかしようと目標を持たなきゃ!」




一時の解決方法に

自分をごまかそうとしなかったのが

彼女の現実的なところ。


結局、いろんな経緯があって

僕となみへいを運営することになったのだが

その意志の強さあってのなみへいだ。



僕と彼女は約束している。




将来、もっと歳をとって、

たい焼きを焼くのも

ハードな仕事をこなすのも大変になったら、

二人でみんなの居間と台所になれる

定食屋を細々とやろうね。。。

と。




細々としているけど、

サービスは僕がやるから、

洗練されていないかもしれないけど、

きっと最高だよ!


と僕が言うと、


彼女は嬉しそうにニコっと笑ってくれた。



料理は弱者の気持ち知る彼女が作るのだから、

この上なく、あったかい食だろう、と

僕は確信している。


でも、軟弱い癒し料理などではなく

味もガツンとした明日の活力をくれる

確実に元気になれる励まし料理だ。


僕も、この励まし料理に励まされて

今日までやってきた。


吐露すると、

僕は彼女に出会うまで、

相当な偏食だったし、


食に対する関心が淡白だった。


「ねぇ、これ食べてみない?」



そのころの僕は、

自分の好きなものを好きな時間に

好きなだけ食らっていた。



”食べ物の幅は、その人の人間の幅”

というが、

僕は実に幅の狭い人間だった。



食わず嫌い、というか、

食わず無関心。


このかつての僕は、

ある意味、現代の孤食の生活をしている

大半の男性に言えることだろう。



人と食事をすることと、

「これ、食べてみない?」

と心ある人に言ってもらうこと。


これはとても大切なことだと思う。


ちなみに、僕と彼女は

細々とした定食屋をやる前に

料理教室をやらないとね、

といつも話している。


それは、おしゃれな料理教室というよりは、

主に中高年のひとり者を対象にしたような

料理教室で、家で一人で調理するのは

寂しいだろうし、料理のノウハウもわからなかったりするだろうし

野菜をはじめとする食材の知識も

これまでの人生で

学ぶ機会が少なかっただろうから・・・。


「ほうれん草っていうのはね、もともと・・・」


そういう話をコツコツ僕と彼女がしながら、

じゃあ、ほうれん草は何分ゆがけばいいのか?

とか、それはなぜなのか、とか。


意外と大切なのに主婦も知ってるような

知らないような話をしながら、

たとえばほうれん草とチキンのカレーをその場で作り、

お持ち帰りようにほうれん草のグラタンを作り、

翌朝用、あるいはそれ以降の常備菜用に

ほうれん草のナムルとおひたしを作り、

それを持ち帰り家路に着く。



そんなみんなで自分に必要なものを調理する空間。



そして、

また、孤食にならないように

僕らの料理教室に

戻ってきてみんなで一緒に飯を作って、

食卓を囲む。



別に僕らだけでなくっても

これはやる気がある人がいれば

それぞれの地域の公民館など借りて

出来ることなのですけれどね。


なにも野菜ソムリエの資格などとらなくても。



とにかく、うつ病にならずに健康に長生き、

そして、ある日安らかに・・・

の秘訣は、自分で料理して、

右脳と左脳のバランスをよい状態に保つのが、

一番効果があるという。


100歳老人はほとんどの人が、

手首に負担のかからぬ

軽いアルミ鍋などの調理器具を使って

当たり前のように料理をするそうだ。


定年前の男性に聞いたアンケートによると、

定年後やってみたいコト、

第二位は料理、第一位は農業・・・

それが興味深い、ということは

以前このブログでもふれた。


なぜか?


経済的な自立がしたいから、

という実に端的で切実な理由。



農業は狭義の、そして

料理はそれをものすごく広義のものに

してくれるので

僕とパートナーは

まず料理のすばらしさ

そして、料理した後に


みんなで食卓を囲むことの

素敵さを心底体感してから、

もし可能なら、農業する、

というのが理想的だと思っている。



本気で農業はじめよう、

自給自足しよう、というには、

数千万円は軽くかかってしまうのが

現実だ。



そこまでしたところで

今何を育てているのか?

もし世界の名だたるシェフだったら

これをどう調理するだろう?

そういったことを連想しなくて

自給自足のために農業をやっていても

閉塞感にやられてしまう人が大半なのが現実だ。




話せば長くなるが、

僕の母方の実家は兼業農家で

兼ねている職業は耕運機など

農業関係の機器販売。

農業がいかに非効率で儲からず、

金が回収できないか、

ということを見てきた。


そして、パートナーは

幼少のころ、母親の実家に預けられ

朝4時より農作業の手伝いをしてきた。



だから、野菜のことは

身をもってよく知っているし、

その後の料理の感性・知識と直結している。



そして、僕らのこういったバックグラウンドと思いは

未来に向けてコツコツした食の活動に

繋げていかなくてはいけない!と、

心の中ではいつも思っている。


極端なことを言うと、

小学校で読み書きそろばんを教える前に、

一ヶ月にたとえひとつの食材についてでもいいから、

真剣に勉強するカリキュラムがあってもいいのではないか、

それくらいに思っている。



今月はしいたけについて!

来月はじゃがいもについて!


そんな感じで・・・。


イギリスには、ジェイミー・オリバーという

食育革命をそのカリスマ性で投げかけた

スーパーイケメンシェフがいるが

日本の場合、その人口構成比率からしても

かつて企業戦士で燃えた

中高年の男性が

地域に根付いて

地道にその役割を担えばいいな・・・

と僕らは願っている。



人に伝えることによって

自分も生涯勉強できるし、

なにより老けないし。


調理方法を勉強すれば

お肉をガツガツ食べることが

最上の食の楽しみではなく、

ほんとにスーパーハッピーな食べ方って

世の中を変えるよね!




供給はそれを求める需要で成り立っている・・・


そんなことを次世代に伝えていけると思う。




成熟した国には、成熟した国の役割があると思う。



グッドバランスな食材使いの料理で

みんながヘルシーに生活している

ほんとの意味での”先進国”



それには食材・料理に関する

大勉強会が必要だ!!


徴兵制がない、つまり戦争に参加しないだろうから・・・

というのなら、

どうして世界的な争いが起こるのか、

貧困の差、そして、搾取へとつながるのか

ということに対する地道な対立と解決方法を

実践してます、という草の根の取り組みがないと!


子どもは理解できないし、

老いていく大人はドンドン我よし主義になって

殻に閉じこもるし・・・



少年たちが大志を抱くのも

中高年が生き甲斐をなくさないのも

なにか具体的な活動がないとなかなか難しい。



僕はとにかく、

みんなに、食は世界を変えるすごいものだよ!

ということを、

命ある限り訴え続けたい!



そのために、なみへいをコツコツ続けるのみ!



そのなみへいに・・・

そんな思いに共感してくれたり

賛同してくれる人が徐々に集うことを

密かに願っている。
[PR]
by taiyaki-namihei | 2011-03-07 22:42 | なみへいコラム | Comments(0)

カテゴリ

全体
なみへいについて
メニュー・素材について
なみへいのたい焼きについて
なみへいコラム
業務連絡・お休みのお知らせ
求人・横浜ポルタ・かもめ情報

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

フォロー中のブログ

PAN! DO! SEE!

なみへい情報

公式サイトはこちら
http://www.taiyaki-namihei.com/

月曜定休(祝日は翌日振り替え)

営業時間10:00~18:00
(7月・8月は不定期)

〒248-0016
神奈川県鎌倉市長谷1-8-10
℡0467-24-7900

江ノ島電鉄
由比ヶ浜駅徒歩3分
長谷駅徒歩5分
JR鎌倉駅より徒歩15分
a0145471_10233379.jpg

詳細地図はこちらから

最新のトラックバック

若き店主の心意気を (た..
from NO FOOD, NO LI..
エンて不思議 (いや円で..
from ビーズニュース(beadsn..
なみへい
from BeatStereo
はじめまして
from BeatStereo
たい焼き なみへい
from 今日のイチうま☆☆☆

ライフログ

検索

タグ

最新の記事

2017.04.24 本日定..
at 2017-04-24 09:29
2017.04.22 トリち..
at 2017-04-22 07:46
2017.04.20 求人募..
at 2017-04-20 08:00
2017.04.18 オズマ..
at 2017-04-18 09:06
2017.04.15 ふらっ..
at 2017-04-15 06:57

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧