あったかいたい焼きを あなたに。


by taiyaki-namihei

プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

素敵な贈りもの・・・ありがとう。

こんばんは!

鎌倉 一丁焼き たい焼き なみへい 濱田紳吾です。



今日は定休日・・・でした。

たい焼きのハイシーズンも近く、

なにかと準備に取り組んでいたら、

更新が遅くなってしまいました。


あと数日でかき氷も終わり。


かき氷が終わったら、

今度は、なみへいアイスのヴァリエーションが

増えます。

真夏の間はかき氷が主役だったので、

アイスはシンプルなもののみを残して

控えておりました。


ちょうど、アイスの時期に秋の果物たちが出揃うから、

それらをなみへいのアイスショーケースにできるだけ

詰め込みたい・・・

春から夏に向けて

だんだん青くてさっぱりしていくのと対照的に

冬のクリスマスやバレンタインを

連想させるようなダークで、ロマンチックな

アイスまでもっていきたいと思う。


何月までなみへいアイスをやるか?



正直なところ今のところは、まだ未定。


1杯¥180の手作りアイス・・・

に、なみへい、こだわっている。

子どもさんが3人いらっしゃるご家族でも

一人ひとつずつ食べられる値段、

現実的な値段はそれぐらいだから。

それぐらいの値段でなければ

お店の手作りアイスではなく

工場生産のものを

選択せざるを得ないだろうから。


ただ、たまごアイスのように

原価がすこぶる高いものは

現在少々見直し中。


それでもちびっこたちに

おいしいシンプルな

たまごアイスを食べてもらいたいと

悩んでいる今日この頃の僕である。




ところで


僕はお客様からいろいろな形で

激励をいただく。


今日も

実は沖縄から

手紙が届いた。


消印を見たら

9/17だった。

4日を経て、鎌倉まで

届いたんだ。


奥ゆかしいですね。手紙って。


Mちゃん、どうもありがとう!!


また鎌倉においでよ!!



この連休中も

素敵なお気遣いがあった。



a0145471_23261597.jpg



若い女性2人組みだった。

たい焼きをお召し上がりになったお皿のうえに

そっと置かれていた。


ありがとう。






a0145471_23194484.jpg


a0145471_23243259.jpg



a0145471_23175729.jpg




こちらは楽しいご近所の常連さん、K夫妻が里帰りされたときに

お土産でいただいたもの。


お友達のパティシエールの方に

オーダーメイドされてたもの。


なみへいのために

スペシャルバージョンをK夫妻自らデザインしてくださった。


その次は大阪名物、サンガリアのみっくちゅじゅーちゅ。

これ以上の地域限定缶はありまへんで!



続いて3枚目は

伝説のパルピロを引きつぐ

「モンパルナスのピロシキ」


僕も一度は通販で取り寄せようとおもったのだけど

お忙しい中、わざわざ尼崎まで足を伸ばしてくれはったんですね。



想像以上にコショーが効いていて

想像以上に関西庶民の

いい味出してますねぇ・・・


僕も時間があったら

Kさんに聞いて

関西の食べ歩きをしてみたい。


Kさんは本当にいつも細やかな気遣いで

僕を励ましてくれる。


不思議とKさんがお店へいらっしゃると

店が込んでくる。


ありがとう!!




そして次の写真。

かわいいでしょ?




a0145471_23232384.jpg


こちらは・・・

僕よりお菓子に詳しいプロフェッショナルな

常連のaiさんにいただいた


ブラムリーという英国生まれのクッキングアップル。





酸味が強いので通常ジャムなどにする方が多いと思いますのが


僕はどうしてもこのかわいい

外皮のグリーンを残したいので

薄くスライスして

オーブンで丁寧に空焼きして

ドライアップルにして

王冠のようにカップケーキのトッピングに

使いたいと思う。




開店一年未満にして

aiさんみたいなプロフェッショナルなかたと

お近づきになるだけでもありがたいのに。

こんなに僕的にグッと来るものを頂戴し・・・


aiさんいつもありがとう




すごいでしょ?なみへいって

みんなにこんなに愛されていて。


正直僕もうらやましい。


こちらに紹介したのは

本当にごく一例です。


みんなみんな、ありがとう。



今週もがんばるぞ!!
[PR]
by taiyaki-namihei | 2010-09-22 03:12 | なみへいコラム | Comments(0)

本日定休日・誕生日を前に。

おはようございます!

鎌倉 一丁焼き たい焼き なみへい 濱田紳吾です。

本日は定休日でございます。


先週は台風が通り過ぎたり、

町内のお祭りがあったりで、

夏の終わりが一気に来たような

静かで涼しい今日です。


特に、台風の日に来てくださったお客さま、

このご恩は忘れません。


励ましてくださってありがとう!




さて、先に営業カレンダーに関するご連絡です。

秋は祝日が多いですね。

来週は2日もあります!

20日(月曜・敬老の日)は営業し、

翌21(火)を振り替え休業とさせていただきます。



10/11(月曜・体育の日)も同様です。




また、9/17より、

江ノ島で開催される江のフェスのスイーツアイランドに

なみへい、参加します!

http://www.enoden.co.jp/light_house/1008ef_sweeti.html


出品品目は「江ノ電各駅停車あんぱん」

これは僕がここ数年、研究したあんこ、かわり餡を

天然酵母のみにあんぱんに込めて、

発表したいと思っています。

8種類の変わり餡を使ったミニアンパン

8個1セットで¥500という

特別価格で販売決行!

期間中の土日・祝日限定。

なみへいの参加はそのうちの10回ほど。

湘南地区のお店が代わる代わる登場するようです。

一日15セットのみ!

なみへい参加の日はこちらで告知しますね。









来週は・・・・

めでたいシルバーウイーク。



実は、僕は、9月23日うまれ。

秋分の日、ということで

ずっと休日に誕生日を過ごしてきました。




(僕の実父も同じ誕生日で・・・
生真面目なおとめ座2世代です。)





東京でお菓子修行していた頃、


祝日である誕生日こそ

最も忙しい日で、


20代前半は



誕生日の記憶というのが

ほとんどありません。



修行先のお菓子店やデパートの販売などで、

その日を過ごしましたが、



なんだか忙殺されて

印象のうすい一日だったように思います。



秋の祝日は・・・


家族で過ごすも、一人で過ごすも、

きっと、もっとゆったりとロハスに・・・


言い換えれば、

シンプルに”贅沢に”

過ごさないと、空しいんだな、


そう確信しました。




デパ地下で、

有名菓子店のお菓子を

買いまくったりするのではなく、

もっとしみじみ過ごすのが

秋の休日に合っている・・・



これが僕の

”秋の休日の過ごし方観”。




これは、僕が

鎌倉に出店しようと決意した

大きな理由のひとつ。


自分の誕生日をハッピーに過ごしたい、



誰もが来年の誕生日の日、

自分が幸せに誕生日を過ごしている

具体的なヴィジュアルをイメージできたら・・・



そう願っていることでしょう。




もし、確実にそうイメージできたら、


その人の生きるエネルギーは

とても強化されて

人生観や未来観にも、

一生トータルで見ると


すごい差が出る。



そう心底、

去年の誕生日に思いました。




「僕にとって、誕生日をハッピーに

過ごすってどういうことだろう?」


つまり、

生まれてきてよかった!

と誕生日に心から実感すること・・・




それは、僕の場合、

いろいろな人のさりげない姿を

自分とのかかわり・・というフィルタで

見れるということ。




たとえば


会社が忙しいけれども

休日、子どもたちのために

ちょっとしたハイキングを兼ねて

家族遠足を決行している

お父さん率いる家族の姿を

自分の職場で

見ることだったり・・・・




普段はお母さんとしか来れないけど、

祝日、お父さんの手を引っ張って、

自慢げに、自分の”行きつけの店”を

教えてあげる小さな子どもたちの姿を

確認することだったり・・・


自分の誕生日に

自分の仕事・職場がきっかけで

日常的な小さな幸せが

少しずつ広がってく瞬間が確認できる・・


それを垣間見る人が増えてく・・・


それを

自分の職場=ライフワーク、



確認し実感して、

うれしくなって、

安心して、

そして、一日の終わり、

誕生日をその年も終える・・・


そうできたら、どんなにいいだろう。



「ないものねだりなのかなぁ・・・」



そんな風に

去年の誕生日、

ため息をつきながら、

寝たのをよく覚えている。


そしたら、どうだろう。


ほんとに偶然から、

その直後しばらくして、

一年後の誕生日に

がんばれば、自分の理想型が

実現するかもしれぬ、


今の店舗の話が・・・


舞い込んできたのであった。




念波は通ずる、というが・・・


そういう意味で、

僕は、来週、

自分の誕生日を迎えることを


僕の誕生以来、

最も楽しみにしている。





僕はかつて

一冊の本を読んで、

色々と考えた。




その本とは、

タイトル


「いい会社をつくりましょう」


経営者として

非常に高い評価を受けていらっしゃる、


塚越寛氏の著書。



塚越氏は、かんてんぱぱブランドで

有名な伊那食品工業㈱の代表。

そのすばらしい経営理念を実際に見ようと

熱心な経営者たちが

伊那食・・・の会社見学に訪れるという。





この本は是非、

これから就職しようという方などに

読んでほしいと勧めている。



伊那・・・の本社談話室の壁には、

百年カレンダーというものが

飾ってあるのだそうだ。



100年分のカレンダーが

一枚に掲載されていて、


若い社員たちは

5年後、10年後の誕生日などを

指差して見ている、

と紹介されている。


塚越氏は、社員に、




「あなた方は今、確かに若いけど、

このカレンダーの中に命日は必ずありますよ。

いつが命日になるのか、誰にもわからない。


けれど、この中に必ずあるわけだから、

年をとっていても若くても、50歩100歩ですね。」


人生の無常を感じる人もいるでしょう。


しかし・・・


といった内容で氏は続けている。



人はいつかは死ぬ。



これが日本の、

日本人の侍魂の最も美しく、

人生を充実させる源だったはずだけど・・・


実際のところ、

塚越氏のような実行力のある

人間ばかりではない。


僕なんか

その典型だ。



だったら、手はじめに、

自分の誕生日を・・・

未来の自分の誕生日も・・・

きっと輝いていると・・・


そんな節目を絶対につくろう!


それが目標にあったから

店という具体的なカタチになって


今年こうしてなみへいがある・・・。



今年、なみへいで

そんな大切な誕生日を迎えようとしている

僕があるのは、

店を取り巻く素敵な人のふれあいが

なみへいにはあふれているからだ。



変に思われるかもしれないが

僕は、このブログを、今こうやって書いていて、

そのことが、とてもありがたく、

胸がいっぱいで、今にも泣き出しそうである。




さぁ、来週にかけて

忙しくなりそうですが

そんなわけで

心を亡くす、というこの字のようにあらず、

心を亡くさず、

今、こうやって充実して

生きていることを実感できるのは

店を通じた日々の人とのふれあい抜きには

ありえません。

何度も同じことを繰り返して恐縮なのですが・・・。




みなさん、

ありがとうございます。




今週も明日から、


精一杯つとめさせていただきますので


よろしくお願いいたします。



感謝


濱田紳吾
[PR]
by taiyaki-namihei | 2010-09-13 11:40 | なみへいコラム | Comments(0)

月曜定休。先週もありがとうございました。そして、僕の観たい映画



こんばんは!

鎌倉 一丁焼き たい焼き なみへい 濱田紳吾です。

本日、月曜日は定休日でお休みです。


いやぁ、それにしてもまだまだ暑いですね・・・




僕はいつも

個人商店経営という

天候に左右される仕事柄、


ヤフーの一年前の、

もしくは2年前の天候カレンダーを

梅雨明けまでは見ていたのですが・・・


ちなみにこれは去年の今頃の

カレンダーのページ


http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/past/14/4610.html?c=2009&m=9




たい焼き屋にとって

秋の入り口はとても大切な時期なのです。


それが・・・


開業した年に限ってどういうこと???


なんで”観測史上初!”

というニュースを

連発されなければいけないのか・・・




これが

開業して5年くらいたっていれば

かき氷の知名度も

多少はあってくれるかも知れないだろうが・・・





そんな風に思ったりする部分も

まったくないといえば嘘になる。


しかし、

そんな逆境な部分は

「どうするべきか」

という日々の宿題・・・


人生、産まれてきて


こんなに日々の自主学習を迫られた


夏もこれまでなかった。




確かに売り上げ的には大変だったが、

日々のお客様に大変恵まれていること

そして、精神的に・・・もちろん日々の実務も

誰よりもサポートしてくれる仲間、Zigさんのおかげで

この未熟な経営者の僕も

たい焼き屋にとってこんな過酷な夏を

なんとか乗り切ろうとしている。




僕の大切な日々のお客さま・・・


今週も・・・

沖縄から湘南に遊びに来て

なみへいに金土日と連続で来てくれた

若き女性、Mちゃん。



「いつもブログをチェックしていたんですけれども・・・

沖縄も好きだけど本土に突然行きたくなるんです。


来れてうれしいです058.gif

テレビの人と会ってるみたい012.gif

と、ピュアなコメントをくれた!






なみへいの夏休みが明けるのを

心待ちにしてくださった

近所のかわいいお友達は

今週、かき氷を4杯食べてくれた053.gif


最初は照れてて伏し目がちだったけれど

何度も通って、昨日なんて別れ際に

小さなおててでバイバイしくれた003.gif




子どものお客さんだからといって

気が抜けるわけではない。



むしろ・・・


子どもはとてもストレートなので

店内にいる間中、ずっと

「おいしい!おいしい!」

とおそらく30回以上、

たい焼きを食べながら連呼してくれたりする。


だから・・・

その反対も大いにあるだろうから・・・

そう思うと小さなお客様こそ

真剣勝負の相手なのだ。




この間、うれしかったのは

5歳の男の子が


「おいしかったよ!またくるね!!」


と、僕のひざの辺りに抱きついて

ぎゅっとハグしてくれた035.gif



そしてそして、

僕の高校の応援団の先輩が、

はるばる長野から

サプライズで来てくれた!!

もう6年くらいお会いしてなかったので

心底うれしかった070.gif




それに・・・


新生児を連れたお母さんの来店が多いこと、

なみへいの自慢かなぁ。



少子化の今の時代に、

赤ちゃんを産んでくれたおかあさんたちが

その大仕事をやり遂げた直後の時期に

暑い暑い中来て下さるのだ!



酷暑の一日去りぬ・・・

夕刻6時頃、

汗だくの僕とZigさんは

店の軒先のベンチ腰掛けて、


今日はあの人が来た、

近所の小学生がこんなこと言ってた、

と、疲れながらも

心地よく夕涼みをしている。



「なみへいの一年目の夏、大変だったよね~」


と言いながら思い出す

素敵な夏の思い出を

お客様と身内から

もうこんなにプレゼントされて

苦しいながらも本当によい夏だったと

思う僕だ。






ところで


話はまったく変わるが

僕は今観たい映画がある。


いや、見なきゃいけないと

言ったほうがいいかもしれない。


映画のタイトルは


「FOOD Inc. フード・インク」




私の食の師匠の一人、

タカコナカムラさんのブログに

彼女が試写に行かれたときの

コメント日記が記載されてから

ますます行きたくなった。


僕も観てないので

紹介・おすすめしようにも

映画の具体的な内容はわかりかねるが

彼女のいきいきとしたブログ描写は

きっと参考になるだろうと思い、

以下、紹介させていただきたい。


・・・抜粋・・・


本年度アカデミーショードキュメンタリー部門ノミネート!




フード・インク 

Food、Inc.

 つまり「食品株式会社」というタイトルからも想像できるように、

食は、農産物も畜産物も「工業製品化」しています。


近年の50年間の食べものの変化は、

過去1万年よりも大きく変わっています。


たった50年でアメリカも日本も

素材だけでなく、食そのものが変化いや悪化してしまった。



マクドナルドにはじまった「工業フードシステム」は、

世界中、1年中、同じ味、同じ値段。

それを保つために、

野菜もビーフも「食品」

つまり作られたモノが流通していくようになった。


農産物でも、畜産物でもないのです。


一番、ショッキングだった映像は、

地平線までひろがる巨大牧場の空撮。


「ゲゲ、こ、こんなに牛を飼ってどうするの・・・」SGで合成したような映像。

そこから牛の飼育へフォーカスしていくと、劣悪な環境。



アメリカといえば、カウボーイ、

そんな風景を想い浮かべるのですが、

かつて数百あった屠畜場は、

全米で13となった。


巨大食肉企業が牛耳っているという。



糞尿まみれの牛や豚がベルトコンベアーに乗せられ

1日に何百頭も流れ作業で処理されていく。

労働者は不法労働者などが中心で、

単純作業を繰り返すのみ。

糞がついた肉もコンベアーに流れていく・・・



そんな現場から、とんでもない大腸菌が生まれる。


歪んだ食の元凶は、何でしょう?


肉食、反対~~!違います。


「コーン」とうもろこしにあり!と私はこの映画をみて強く感じました。

アメリカの農地の30%がコーン畑で。


家畜飼料として、巨大農園で遺伝子組み換え満開で作られています。

しかも政府がコーン農家には助成金を払って奨励しているつーから、不思議。

なぜ、こんなにコーンを作らなければならんのか?

私たちは、毎日、実は、コーンを食べて生活しているのです。

うっそ~~!!でしょ?

スーパーに並ぶ90%の製品に

コーンか大豆が含まれているといわれています。

つまり、これらは、


シロップやレシチンなど

食品の原料や添加物として大量に流通して、

私たちは口にしているってこと。



もともと、牛は、コーンを消化できず、

食べ続けると腸内で、

キケンな大腸菌を発生させてしまうと知り、

背筋、凍りました。

大腸菌0-157は、こうやって牛の飼育から生まれたのでした。



いやはや、猛暑のなか、ほんとに、寒くなるような内容でした。



オーガニック野菜やオーガニックチキンを選ぶということは、

自分たちの健康や美容のためだけではありません。

さまざまな苦労を乗り越えて安全なモノを作る生産者を支えていくことにつながり・・・


その生産者の畑、土を守ることにつながり・・・

そして、その土に生きる微生物や小動物を守り、水や海を守っていくことにつながります。




僕はかつて、タカコさんの主催するホールフードスクールで

大変貴重な食の勉強をさせていただいた。



「特にこれから母親になる若い女性と
これからお店を開業する経営者の卵に私のはなしを聞いてほしい」


「私は生産者の方々のイタコです。」

といつもおっしゃっていたので

あえてブログの文章をほぼそのまま

抜粋させていただきました。



僕は・・・

「いい花嫁学校はありますか?」

と、もし尋ねられたら

大変参考になる学校として


彼女の主催するホールフードスクールを

挙げたい。


もちろん、花婿学校としてもおすすめだ。


食べ物、調理法だけでなく、

ライフスタイルや社会との関わり、

すべてに責任と選択が必要な時代だから。




彼女のスクールで勉強しただけでなく・・・

日々、いろいろ食のこと・食の問題を

学ばせていただいている

いろんなソースから。


食の問題は社会問題とほぼ直結しているというよりは

社会問題のほとんどが食から来ている。



あまりに大きな問題すぎて

なみへいなんてちっぽけなお店が

これらの問題に立ち向かうために

こつこつとした選択と努力を重ねていっても

何もならないように思われるだろうが


食の問題の解決方法は

草の根運動。

お上が法律を決めて

強制されて結果的に改善する、

というのではなく



「消費者一人ひとりが・・・

自分たちで気づいて真の豊作と感謝を手に入れなさい

BE INDEPENDENT!」




改装中のNYの自由の女神も

そう望んでいるに違いない。
[PR]
by taiyaki-namihei | 2010-09-06 01:57 | なみへいコラム | Comments(0)

カテゴリ

全体
なみへいについて
メニュー・素材について
なみへいのたい焼きについて
なみへいコラム
業務連絡・お休みのお知らせ
求人・横浜ポルタ・かもめ情報

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

フォロー中のブログ

PAN! DO! SEE!

なみへい情報

公式サイトはこちら
http://www.taiyaki-namihei.com/

月曜定休(祝日は翌日振り替え)

営業時間10:00~18:00
(7月・8月は不定期)

〒248-0016
神奈川県鎌倉市長谷1-8-10
℡0467-24-7900

江ノ島電鉄
由比ヶ浜駅徒歩3分
長谷駅徒歩5分
JR鎌倉駅より徒歩15分
a0145471_10233379.jpg

詳細地図はこちらから

最新のトラックバック

若き店主の心意気を (た..
from NO FOOD, NO LI..
エンて不思議 (いや円で..
from ビーズニュース(beadsn..
なみへい
from BeatStereo
はじめまして
from BeatStereo
たい焼き なみへい
from 今日のイチうま☆☆☆

ライフログ

検索

最新の記事

2017.07.26
at 2017-07-26 09:34
2017.07.24 今日明..
at 2017-07-24 09:41
2017.07.23
at 2017-07-23 09:40
2017.07.22
at 2017-07-22 09:21
2017.07.21 じいち..
at 2017-07-21 09:56

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧