あったかいたい焼きを あなたに。


by taiyaki-namihei

プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

本日定休日 お盆の日に・・・思ったこと・思い出したこと。

こんばんは!


(そして、おはようございます。)



鎌倉 一丁焼き たい焼き なみへい 濱田紳吾です。

今日は月曜・定休日です。

8/23(月)~8/31(火)まで、夏休みをいただきます。


ということで、8月もあと一週間の営業です・・・


思えば、元旦にオープンして以来、

随分といろいろなメニューにチャレンジしてきました・・・


先日、おじさんのお客様に


「おにいちゃん、
この店は、アイスもおいしいし、
カキ氷もおいしいけど、
たい焼きもイケるね!!」

と言われてしまいました・・・。


もともと・・・


開店してしばらく経ったら、

今のようにちょこっとちょこっとずつ、

気軽なパンやお茶菓子を売ろうと思っていて・・・

でも、手焼きたい焼きという柱をはっきりさせたかったから

お店の名前を”たい焼き なみへい”にした。




逆に僕は

鎌倉・長谷にある商店街の

近所の駄菓子屋にしたかったので

”たい焼き なみへい”という屋号だと



観光客相手にビジネスライクな

たい焼き屋がオープンするのだろう


という風に思われはしないか

それがとても心配だったので


ある意味、このおじさんのような誤解は

うれしくもあり、僕的にはどちらかというと

ウエルカムなとんちんかんだ。



いや、とんちんかんかどうか決めるのは

お客さまのほうだ、と、

ちゃんと謙虚に思っている。


意外と

焼きそばファンのお客様、

アイスクリームだけ食べて帰る親子連れの方々、

カキ氷だけをお召し上がりになる方などなど・・・


結構そんなお客さまも多いのだ。



お盆ということもあり、

5月に亡くなった”おやじさん”こと、

浪花家総本店の3代目のことを思い出していた。


おやじさんもよく言っていた



”(うちで)一番うまいのはたい焼きで、

その次が焼きそばで

その次がカキ氷だ!!”




と。

そして、その順番は、その時々で微妙に変わり、

焼きそばをお客さんに誉められれば


”そうだよ!!たい焼きよりも焼きそばがうまいんだよ!!”


と、無邪気に喜んでいらした。


僕は

このやり取りにおおいに学んだのだった。



それまでパンや洋菓子を一生懸命売ってきて、

また作ってきて、もしかしたら

自分が一番取り入れなければいけない

材料があるとしたら、

お客様の想いや、思い入れを

汲み取って、さりげないやり取りの中に

相手のニーズにあわせて


「やっぱりよかった!!」


と思っていいただくことに

専心すること。



おやじさんに会いにきて


うれしそうに満足そうに

お帰りになるお客様を見ていて


僕は心からそう思った。




昨日は終戦記念日でしたね。


おやじさんは

戦争で一度は寸断された

たい焼きの歴史を

終戦と同時に再興した。


戦争から戻られると何よりも先に

地中深くに用心深く隠してあった鋳型を掘り起こし

すでに昭和初期、

駄菓子の花形であった

たい焼きの栄光を

鼻にかけることもなく

リアカーを引くことから・・・


文字通り一から

戦後のたい焼き復興に

一心不乱に尽力された。



戦後、

”甘いものは、みんなが平和になれるからよぉ”

と材料がない時分、いかに工夫して

おいしいたい焼きを作る工夫をなさっていたかという

お話を伺ったことを思い出すと・・・


小さな小さな・・・

たとえば・・・




〇〇産の何々は・・・



的な会話は野暮ったく、

おやっさんのように

人間力で真っ向勝負できないやつの

小技といわれても

仕方ないなぁ、と思う。





そして

平成の店々に概して足りないものは


店主たちのこういう部分ではないか・・・。



世界中からよい材料を取り寄せられる

インターネットで簡単に調べ物ができる


逆も 然りインタ-ネットで、

安易なレベルの店の情報は

広まりやすくなった。




しかし、



人が・・・

お客さまが・・・


一番求めていらっしゃるもの


それは・・・



おやじさんの振りまいていた

魅力のようなものであり・・・


それを便利な形でなく

(つまりネットで簡単に手に入るような)

じっくりじわじわと

感じながら手に入れたいのである。




それが私たちの生きている

証のひとつなのだろう。



やはり、生と死を目の当たりにした

戦争を経て再興されたから

力強いパワーなのだろうか。



おやじさんは本当に小柄な

華奢な方でいらっしゃった。



「お前は体格も問題ないし

顔もいいから近衛兵だな!」



僕にそんなことを言っていた。


若い僕はそれを聞いて


生まれて初めて、

戦争に行って戻ってきた方と

同じ職場にいるんだなぁ・・・

と感慨深かった。



華麗に鋳型を操り、

誰も真似のできない

スピードと技術で

(おそらく)1000万匹以上の

手焼きたい焼きを一つ一つ焼き上げた

おやじさん。




戦後の何もない時代に

鋳型に薄く粉をひいて・・・あんこをのせて・・

あっという間にばりっとした

たい焼きが出てくるものだから


きっとそれは・・・


鮮やかに・・


白鳩飛び出す奇術を

見ているのと同じくらい



迫力があったことだろう。



「夏は鎌倉のサナトリウムにいってたなぁ・・・

稲村ガ崎のあたりでよぉ。」


少年時代をよく過ごされた鎌倉に

お盆だから・・・

チラッと見てくれてないかなぁ、



そんなことを期待しながら

昨日、大変な猛暑だったが

しみじみと・・・

僕はたい焼きを焼いていた。


おやっさん・・・

おかげさまでなんとか開店以来やってます。

それなりの苦労もしました・・・

ここ半年で少し大人にもなり、かなり老け、

時に

「おじちゃん!!」

と呼ばれるようになりましたが・・


まだ近衛兵・・・

イケますかね・・・



たい焼きはみごとに平和の象徴となりました。


たい焼きの包みを開いただけで

みんなほっこり・・します。


ありがとうおやじさん。


いつまでもたい焼き界を見守っててください。
[PR]
by taiyaki-namihei | 2010-08-16 01:44 | なみへいコラム | Comments(0)

臨時休業 レトロCMソングに見る駄菓子屋道

こんにちは!

鎌倉 一丁焼き たい焼き なみへい 濱田紳吾です。


今週は明日8/3(火)~8/5(木)まで、

臨時休業をいただくことになりました。



僕の足の古傷治療のため。

来店を予定されていた方、

ご迷惑をおかけして申し訳ありません。


足も少しずつ回復しております。

ご心配なく!



さて・・・

最近僕の頭から離れない名曲があって困っています!!



ことの発端は・・・

なみへいベーカリー部のパンの商品会議。

以前より、ドーナツをはじめ、

カレーパンやピロシキなど、

昭和なお父さんのお土産的な

シリーズは必須、と

それらについて


「いかに懐かしいなァ、と、うならせる味を作りこむか・・・」


ドーナツ、カレーパンはなんとなくすんなりまとまったのですが・・・


ピロシキについて話し合っていた時。


僕は以前、天然酵母パン店に勤務していた時、

アパレイユ(パンの中のクリーム・ソース・具材など)

を担当していたので

クリームパンはもちろんのこと、カレーパン、



そして、

ピロシキも調理していた。



「ピロシキは豚肉でしいたけと春雨が入って

ゆで卵を最後に合わせて・・・」



と言いかけたら、

突然、関西出身のヨーコさんが


「ゆで卵は正しい!その他はちゃうちゃう!」

と、とりつかれた様に滅多にしゃべらない

関西弁で興奮しだし、


「その中華まんかなんか

ようわからんのは、

まったく懐かしいピロシキから

外れとるでぇ~!」



そして、突然、

非常に唐突に


「ピロシキはパルナスや!!

知らんのか!!?」



と、一段と滑舌よく力説し始めた。



パルナス!


と発音したときの

「パ」の音は

炸裂する、関西人独特の破裂音だった。


普段、大人しいので

ヨーコさんが関西人であることを

忘れているが


「おぉ、関西人やった」


と、思い知らされた一瞬だった。




パルナス。




関西では

かつて知らない人はいなかった、

超有名な洋菓子屋さん。



値段も手頃で

例えるならば

不二家を関西風に

色濃くした感じか?



いずれにしても

世代的にも地域的にも

接点のない僕には

なぜ、そんなに盛りがって

力説するのかわからず、

きょとんしていたら、


「歌もあるんやで!!」


と、この動画とともに、いきなり歌いだした。





これを娘のえれなが気に入って、

何回も歌うものだから・・・



僕も・・・

頭から離れなくなってしまった。




「パルピロ・パルピロ060.gif


この、レトロなリズムに翻弄されて・・・

ああ、なんとかしてほしい!




と悩んでいたら・・・


やはり、僕と同じように

伝染する人は多いようだ。

(youtubeで46万回以上閲覧されてるってすごいよね。)





さらに、

15分で少し長いけど

興味がある方、

詳しくは、こちらを。

(これも関東の人には馴染みのない?

探偵ナイトスクープの動画です↓)





http://video.google.com/videoplay?docid=-2671757996968195583#




たしかに、

昭和を感じさせる

中村メイ子さんの力唱が

印象的なこの曲。




パルナスは、残念ながら2002年に

その歴史に幕をとじてしまったそうだ。



この探偵ナイトスクープで

投稿の女性が

「モスクワの味が食べたくなった」


と言っているように


懐かしい、郷愁のお菓子の世界は

とてもとても強力な力を持っているように思う。



このパルナスの曲は

それを非常によく表現している。


しすぎている。



この行き過ぎた感じが、

なんとも怖いと形容されがちのようだ。


関西の出身のアラサー以上の人たちしか

知らない。


それもデットストックとなった今では、

この、のめりこんだ独特の雰囲気が

僕のように

そのことを知らない人間にも

力強くお菓子の郷愁の世界を伝えてくれる。




伝える、というよりは

訴える、

と言ったほうが正しくて

かくして、

僕の頭から離れなくなったわけだ。



もともと、

お菓子のCMは、

地方色の強いものが多い。


名古屋なら

「青柳のういろう」


関西全般の

「赤福」


などなど。



結構、youtubeなどで見れるものも多いようなので

暇なときに見ていると、面白い!



しかし、しかし・・・

パルナスをしのぐものはなかなか見当たらない。



最初は・・・

曲が頭の中をグルグルして、

苦笑い・・・

だったけれど



今では、

これぞ昭和の駄菓子屋界のカリスマだ!

と、恐れ入っている。


その屋号を聞くだけで、

トランスできる・・・


いっちゃってる感覚にワープさせる力がないと

本物の駄菓子屋とは言えないだろうなぁ・・・


と、実は高い駄菓子屋のハードルを

見上げている気分の僕である。



いつの日か、

「なみへい」

と聞いて、

みんながニヤっとしてくれるまで

僕はがんばるぞ!!


それでは!
[PR]
by taiyaki-namihei | 2010-08-04 16:37 | なみへいコラム | Comments(0)

カテゴリ

全体
なみへいについて
メニュー・素材について
なみへいのたい焼きについて
なみへいコラム
業務連絡・お休みのお知らせ
求人・横浜ポルタ・かもめ情報

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

フォロー中のブログ

PAN! DO! SEE!

なみへい情報

公式サイトはこちら
http://www.taiyaki-namihei.com/

月曜定休(祝日は翌日振り替え)

営業時間10:00~18:00
(7月・8月は不定期)

〒248-0016
神奈川県鎌倉市長谷1-8-10
℡0467-24-7900

江ノ島電鉄
由比ヶ浜駅徒歩3分
長谷駅徒歩5分
JR鎌倉駅より徒歩15分
a0145471_10233379.jpg

詳細地図はこちらから

最新のトラックバック

若き店主の心意気を (た..
from NO FOOD, NO LI..
エンて不思議 (いや円で..
from ビーズニュース(beadsn..
なみへい
from BeatStereo
はじめまして
from BeatStereo
たい焼き なみへい
from 今日のイチうま☆☆☆

ライフログ

検索

最新の記事

2017.06.26 本日定..
at 2017-06-26 09:05
2017.06.25
at 2017-06-25 07:45
2017.06.24 子ども..
at 2017-06-24 07:24
2017.06.22
at 2017-06-22 07:47
2017.06.21
at 2017-06-21 08:33

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧